【CRC業務統括】インタビュー

taka

業務内容を教えて下さい。

CRC全体の動きを統括する立場で業務を行っています。
また、被験者募集を活用した組み入れの企画・立案及び実行を進め、クロエグループ内での全般的なプロジェクト遂行や調整等も行っております。
また、グループが保有するボランティアデータベースの構築についても携わっています。

たまに・・・みんなの愚痴を聞いています(笑)

クロエグループのコラボ・連携について熱く語ってください!

CTSの強みは、やはり日本最大級の約80万人の治験ボランティアデータを保有するクロエグループのSMOであることです。
現在CTSで稼働している臨床試験についてはグループ内で連動し、全体症例(本登録)の約6割以上をボランティア活用にて成功させております。
ただ、業界内では治験の被験者募集活用は認知されつつありますが、まだまだ活用範囲が限られているのが現状です。
今後のCTSとしては「グループの被験者募集のノウハウ」×「医療現場を支援するCTSのノウハウ」の連携を常に意識し、この絶対的な強みを活かして何が出来るかを日々検討し、現業界にないハイブリットなリクルートサポートの挑戦と被験者募集活用のスタンダード化を進めてまいります。
今後はボランティアとのコミュニケーションを更に活発化させたサービス提供をCTS中心にクロエグループで検討し、顧客の課題解決に取り組んでいきます。

今後の目標を教えて下さい。

目標はCTSを立ち上げたときから変わっていません。「被験者募集を活用して業界の常識を変えること」※クロエグループで現状の治験をもっとスピーディに行い、良いお薬を今よりも早く患者さんの手元に届けることです。CTSは設立して4年目に入りクロエグループのSMOとしての基礎はできました!
今後数年で被験者募集の活用をCTS内でも行える体制構築を加速し、顧客満足度、社員満足度を上げ、CTSを飛躍させていきます。

仕事も家庭も円満である秘訣は何ですか?

家族であっても日ごろから感謝の気持ちを言葉で伝えたり、ちょっとしたプレゼントをしたりすることを心がけております(笑)。
家族の存在は私の中でとても大きいですね。仕事は充実していますが、やはり精神的に疲れることはあります。そんな時、休日に子供と走ったり、ボールを蹴ったりするだけで、自然と気持ちがリセットされています。少し気恥ずかしいですが、私を自然体で居させてくれる妻や子供たちにいつも感謝しています。

CTSの魅力

全社員約60人程度の会社のため、とにかく仲間との距離が近い、そして社内の風通しがよく、相談等しやすい環境です。私自身CTSの仲間とコミュニケーションを取ることを常に心がけておりますが、社員みんながとにかく前向きにいろいろなことに取り組む姿勢に、私自身が力をもらっているのが現状です。上も下も関係なく前向きな姿勢が魅力であると思っています。
これから人数が増えても今の社内風土は継続していけるよう、社員の声に耳を傾け魅力的な会社づくりに取り組んでまいります!
また、グループ内にはSMO業界以外の沢山の異業種の仲間がいることも魅力の一つです!

入社される方へ一言

自分自身の力を試してみませんか?仲間と一緒に成し遂げることの素晴らしさを味わいませんか?「理想」を「カタチ」にする瞬間に立ち会いませんか?とにかくチャレンジしたい人をCTSは歓迎します!!!