【治験コーディネーター】インタビュー

taka


CTSに入社したきっかけは?

もともと持っていた管理栄養士の資格を生かした仕事をしたいと思ったのが一番のきっかけです。前職は資格に全く関係のない手術器械を滅菌する仕事をしており、このまま資格を生かさずに仕事を続けていくのはもったいないと思うようになりました。そんな中、資格を生かすことのできるCRCという職種を知り、これだ!と思い、思い切って転職を決めました。CTSではCRC業務未経験でも仕事が出来るよう充実した研修制度があり、迷いなく安心して入社することが出来ました。



実際に働いてみてどうですか?

思っていた以上に業務の幅が広く、戸惑うことも多々ありました。医療機関では医師や看護師、医療事務など他職種の方と多く関わるのでコミュニケーションスキルも非常に重要となってきます。毎日覚えることが多く、一杯一杯になってしまうことがありますが、そのたびに先輩方に助けて頂きながら業務を行っています。まだまだ覚えることはたくさんありますが、少しずつ出来る業務が増え、日々やりがいを感じています。



研修ではどんなことをするのか教えて下さい。

最初の2週間は座学にて基本的な治験業務についてしっかりと学んでいきます。全く聞いたことのない言葉がほとんどで覚えるのに苦戦しました。こんなに勉強をしたのはいつぶりだろう、、、と思いました。ですが、座学研修中は同期と一緒でしたので、お互いに励ましあいながら乗り切ることが出来ました。その後は3か月間、医療機関にて先輩CRCから実践的な業務を学んでいきます。座学で学んだ知識以外にも、院内スタッフさんとのやりとりや書類整理などCRCとして必要なスキルを身に着けていきます。日々忙しい中、どんなことにも丁寧に対応して下さった先輩方には本当に感謝しております。



CTSの魅力

最大の魅力は風通しの良い環境であることだと思います。どんな些細なことでも相談しやすい環境が整っているので、非常に心強いなと感じています。また、人として尊敬できる方々ばかりなので、日々自分も刺激を受けながら仕事を行うことが出来ます。オフィス内の雰囲気も厳しすぎるといったことは全くなく、きちんとメリハリをつけながら和気あいあいと楽しく仕事を行っています。未経験者でも充実した研修制度と先輩方の手厚いサポートがあるので安心して働くことが出来ると思います。

入社される方へ一言

CTSは未経験者でもとても働きやすく、自身の成長をしっかりとサポートしてくれます。
ぜひ、一緒に働きましょう!