Category Archives: 社員インタビュー

【サイトプロモーション部】インタビュー

6 11月, 2018
admin
No Comments

sakasaka

SP部では、どんな仕事をするのですか?

主な業務は大きく分けて2つです。1つめは営業部が入手した臨床試験情報を基に提携している医療機関へ訪問して試験の説明・実施可能性調査を行うこと。2つ目は治験実施に協力していただける新規医療機関の開拓です。
新規医療機関の開拓や提携医療機関へ試験の打診及び調査を行うため、外勤が主になります。内勤中は各試験の調査票作成等の事務作業も行います。
TELアポや飛び込み訪問などを行い、提携のご相談や新規臨床試験の打診など院長先生をはじめ様々な方とお話をする機会が多いため、コミュニケーション能力が非常に大事になってくる仕事だと思っています。
とはいえSP部として働き出し3年ほど経ちますが、正直今でも先生やスタッフさん達とお話しする際は緊張しますね。。。

この仕事に就くきっかけは何でしたか?

自身や父親が病気になったことが、きっかけの一つだと思います。
今の仕事に就く前は全く関係ない仕事をしていましたし、正直その頃は今の仕事をするとは想像してもみなかったです。ただ思い起こせば就職活動をしている時、やってみたいこと興味があることって何だろうと考えた選択肢の一つには医療関係の仕事も考えていました。
自身も子供の頃、病気になったり、父親も長年病院に通院したりと病院などに行く機会も多かったこともあったので潜在的な興味は昔からあったのでしょうね。
ですので、自身や家族はもちろんのこと、友人などがそういった立場に置かれた際に、少しでも役に立てればいいなと思っています。

他部署との関わりはありますか?

営業部、CRC業務部、治験管理部など様々な部署と関わります。
営業部とは臨床試験情報の共有や、医療機関へ試験打診をした際の調査結果の報告、施設のアピール情報の共有などを行います。実際に医療機関へ一緒に訪問することもあります。
CRC業務部は、治験開始の前段階から、立ち上げで困ることがないよう医療機関の情報を共有したり、先生との面会へ一緒に行ったり、治験開始後もその他フォローなどで関わることが多いです。
治験管理部は、主にIRB※1に関する準備や契約書等に関して関わることがあります。
ですので、どの部署とも、連携が非常に大事だと思っています。
特に営業部とCRC業務部は関わることが多いと思います。

 

※1 治験審査委員会:治験参加者の「人権」と「安全性」に問題ないかどうかを審査する為の組織

フレックス制度が導入されていますが、メリット・デメリットがあれば教えてください。

正直導入しはじめたばかり※2ですので、メリット・デメリットという点は今のところはまだ実感できていません。
ただ、趣味でダーツをやっており、平日の週に1~2日ほど、夜の20時頃からリーグ戦というものに参加しています。フレックス制度のおかげで勤務時間を自身で調整できるようになったので、参加しやすくなったかなと思います。参加できるようになったおかげでうっかり飲みすぎることも増えた気がします。
しかし、この制度のおかげで次の日少し遅く出社することも可能になったので、業務に合わせて時間調整が出来る事はフレックス制度が導入されて良かった点だなと思っています。デメリットに関してはあまり感じていませんが、自身の勤務時間をしっかりと管理しなければならない点は、時間管理にルーズな人は大変かなと思いますね(笑)
※2 2018年10月現在。SP部のフレックス制度は、2018年9月より導入。

 

CTSの魅力

若く新しいSMOだからこそ、ひとりひとりをしっかりと見てもらえるところが魅力だと思います。従業員一丸となり業務に取り組み、互いを刺激しあって成長できる会社だと思います。新しいことにも積極的にチャレンジできます。

入社される方へ一言

上司や同僚など距離が非常に近くとても仲が良い会社だと思います。
まだまだ小さい会社ではありますが、好奇心旺盛な方や新しいことにチャレンジしてみたいという方はぜひお待ちしています。

 

 

 

サイトプロモーション

14 9月, 2016
admin
No Comments

【仕事内容】

当社と共に臨床試験の実施を頂ける医療機関を開拓し、案件打診及び試験実施の為のインフラ整備等を行っています。
営業部と連携し、治験依頼者(製薬メーカー)から提示されたプロトコルの内容検討及び事前調査の実施(適正契約例数の精査・確認)等を行います。かつCRC事業部とも連携し、試験開始時に困る事が無いように随時情報共有をしています。
またその他の業務としてITに関わるセキュリティチェックメンバーとしても活動をしています。

【自己紹介】

こんにちは。最近は焼き魚(特にサンマ)をグリルで焼き、焼き上がるまでじーっとグリルを見るのが楽しみであります。
食べることが好きで、孤独のグルメというテレビ番組が好きです。よくお仕事で外にでるときは井之頭五郎(孤独のグルメの主人公)の真似をしながら、一人でご飯を食べるのを楽しみに、日々活動をしております。
また、CTSでお仕事をする前は、同グループのクリニカルトライアルという会社で、治験に参加する被験者募集の業務を行っていました。同グループへの転籍の要望を受け入れて頂き、昨年CTSに異動をしました。

【インタビュー】

Q1.クリニカルトライアルからCTSに異動したきっかけはなんですか?

クリニカルトライアルでコールセンター業務を通じ治験を学びました。その際にSMOの存在を知ったのですが、CTSを通じお仕事内容をより詳しく伺い、その中で治験を実施頂ける施設を自ら開拓し築き上げていく業務に魅力を感じました。グループ内の異動を相談した所、私自身の成長の為に!と会社側も働く場所を用意して頂き、皆様のご協力あって現在のお仕事につく事が出来ました。

 

Q2.SMOの仕事のやりがいはどうでしょう?

治験依頼者、医療機関とやり取りを行う為、正確な情報をお伝えする必要があり、常に緊張感を持ったお仕事をさせていただけるのでとてもやりがいを感じます。
 

Q3.社内の雰囲気とか居心地はどうですか?

ピリっとした緊張感もあれば、時々社長自らアイスやドーナッツを差し入れして下さり場を和ませてくれる柔らかい雰囲気もあります。
居心地良く過ごさせて頂き恵まれているなと感じています。

 

 

Q4.異動してきて成長したなと思うエピソードお願いします!

異動後ついに自ら開拓した医療機関で治験の実施に至る事が出来ました。CTSに異動する前は医療機関で治験を実施するまでの流れに関しての知識はごくわずかなものでした。現在は、医療機関及び治験依頼者との渉外活動を経てプロトコル合意を行う一連の流れを学び、治験に関しての知識そして経験も増え成長したと実感できています。

 

Q5.キャリア形成にクロエグループの仕組みは役に立ちますか?

とても役に立つと思います。他部署同士がグループ報告会などでフランクに情報共有できる環境もあるせいか、自らが思い描くお仕事や部署の方とコミュニケーションを取れるので、日々精進できると思います。

 

Q6.今後の意気込みお願いします!

 

治験全般の知識は勿論ですが、治験の情報も含め医療の最新の情報を常にキャッチし、ドクターへ有意義な情報を提供したいと思っております。
また、お仕事以外でもお話しする相手に常に興味を抱くような、人間になりたいです。

 

【入社される方へ一言】

SMOでありながらSMOらしくない事がCTSだと思っています!私のようにグループ内の転籍を通じ、治験に関わる様々な事を学べる環境が揃っています。私も本業務を覚えたら更に高みを目指して様々な事にチャレンジしていきます。是非とも一緒に成長を感じながら新しい事にチャレンジしていきませんか!

治験コーディネーター(CRC)

5 9月, 2016
admin
No Comments

【仕事内容】

医療機関で治験を実施する為の支援が仕事になります。その為に社内にて治験のスムーズな遂行の為の書類作成やGCP・医学的知識の勉強などをします。いざ施設へ訪問した際は病院スタッフと連携しGCPを順守し、治験計画書に添って治験を遂行します。業務としては患者様の問診、検査・診察の同行、カルテ確認、症例報告書の作成補助、などがあります。医療機関と依頼者を繋ぐという役目もありますので、正確な治験を行う為に、治験知識に加えてコミュニケーションなども大切になってきます。

 

【自己紹介】

2歳の息子を持つCRCです。独身の時は自宅でも仕事のことを考えていましたが、子供ができてからはすっぱりと仕事と家庭を切り替えるようになりました。また、そうしないと息子に怒られます。休日出勤もありますが、その後息子と遊びに出かけたりします。体力は今が一番あると思います。医療機関でも子供をきっかけにスタッフと話すことも増え、短時間で距離を縮められていることも実感しています。仕事にも一役買ってくれています。

 

【インタビュー】

Q1.CRCになろうとしたきっかけはなんですか?

元々は介護老人保健施設で管理栄養士として3年間勤務していました。自分の立てた献立で食事を完食・健康維持できているよ!というご意見にやりがいも感じていました。
社会人になって3年目の時に母が患い、医療や薬に関心を持ちCRCへと転職しました。創薬の現場というのは正直未知の領域でしたので、自分で役に立てるのか不安はありましたがなんとかここまでやってきました。

 

Q2.仕事と家庭の両立は大変ですか?

復帰当初は本当に大変でした。産休期間も1年を超えていたので、ブランクも感じ四苦八苦していました。現在は子供も2歳になり保育園環境にすっかり慣れて穏やかな日々です。季節の変わり目は気が抜けませんが、同施設で対応を行っている同僚の理解も得られ施設業務への影響はほとんどありません。周囲へ感謝してもしつくせません。

Q3.CTSで良かったというエピソードはありますか?

第一子を出産し、復帰した時には保育園に通園し始めた子供の体調や気持ちが落ち着かず大変でした。ただ、上司や同僚は私のその状況を受け入れ、勤務内容や時間などの調整を図ってくれました。感謝しています。

 

Q4.ずばり聞きます!子育てしながらCRCは出来ますか?

環境によると思いますが、CTSでなら可能だと思います。もちろん家族が団結することも大切ですが、両立する為の対策を講じた際に一緒に相談にのってくれました。社員を大切にする上司の暖かさがありますので、できると思います!

 

Q5.復帰後はどんな事をしてみたいですか?

只今第2子を妊娠していて、産休を頂く予定でおります。復帰時の状況は正直分かりませんが、現時点で思うことは「家族の為に仕事に励まないと!」という気持ちは増すということです。ママさんCRCの仕事環境の改善や無理なく両立できるような環境作りなどをしていきたいと希望しています!

 

Q6.子育て家庭のCRCの方へのメッセージお願いします!

 

CRCという職務は、施設へ行って業務をすることが多くありますので、そこに穴を空ける訳にはいかないと思いがちです。急な子供の病気などを考えるとCRCは無理だ。と私も思っていました。(特に第一子ということもあり、新米ママとしては悩みました。)でも、上司や同僚の理解も得られ、なんとか業務をしております。子育て家庭のCRCが増える事で同じ悩みを共有し、現状をもっと改善していくことがCTSの環境では可能だと思います。

 

 

【入社される方へ一言】

CTSという会社は上司と部下の垣根が無く、気軽に相談できるアットホームな環境です。意欲があればそれだけ周りが答えてくれる環境です。
是非、一緒に成長していきましょう!